読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

とらドラ! 20 ずっと、このまま

とらドラ! 20 ずっと、このまま

ふられた?高須、が前回のラスト。

今回は如何に?




大河、櫛枝と高須のために、高須家へは行かない宣言。
大河は、「櫛枝は高須の事が好き、なんだ」と言う。

久しぶりの学校。
久しぶりの櫛枝・・・。
櫛枝は昔の元気な態度。
高須は・・・挙動不審。


ちょw春田wちんすこうをトリック攻撃wって放送コードおk?



亜美ちゃん大河、高須でコーヒーショップ。
今回も亜美ちゃんの大人発言いただきました。
「ついに大けがしたわけだ」
大河へ「あんたがそれで本当にいいならね」
高須へ「大けがしたのがあんただけなら良かったのにね。どうせ馬鹿だからわかんないでしょ」

んー、やっぱアレだな。亜美ちゃん的には
高須は櫛枝が好き、と思い込んでいるが今は本当は大河が好き、
大河は北村が好き、だったのだが、今は本当は高須が好き、なのだが高須は櫛枝が好き、と思い込んでいるので、高須サポート。
今は気づいていない二人(もしくは高須のみ?)だが、最終的にこのベクトルのままだといずれ櫛枝を含めた最悪の結果になる、ということか。

大河が亜美から手に入れたモノってなんだろうね?伏線か?


で、高須登校途中に櫛枝と会う。
櫛枝は高須を認識して、少し表情を変えた。
「オッス!!まんさんこーん!」ってw 櫛枝節復活。オスマンサンコンって久しぶりに聞いたわ。
大河、櫛枝に大河を捕まえるように言う。
櫛枝、高須の手を取る。が、頬を赤らめて手を離してためらう。しかし、制服の裾をつかんで再チャレンジ!
大河が通り過ぎた後、櫛枝は頬を赤らめて「大河のやつ、大河のやつ、大河のやつ」と繰り返す。
ああああああ!!お待たせしました、櫛枝みのりんファンのみなさま、ごきげんよう。あーかーえぇええな。
その後は、大河の鞄を二人でなかよく持って登校。登校中にいい感じのトーク。


んー、ここ、ポイントだね。



櫛枝的には、高須賀好きって事、大河に知られたと認識した、もしくは、大河と櫛枝とで高須に関して何らかの会話がなされているのかね。その上での大河のアシストに対して、「大河のやつ、大河のやつ、大河のやつ」という発言なり、その他言動が引き出されてきているのか。


学校の玄関で、川嶋亜美と会う。
亜美、二人をみて不敵な表情。
「なんていうか、あーあ、だね」
発言でました。
やっぱ、大河と高須にとっては最終的には良くない方向に向かっている、ってことかね。


大河の家で、ゴルゴネタでました。櫛枝節復活その2。


修学旅行で雪山へ向かうバス。
高須は、相変わらず、櫛枝への想いをはっきりさせるため、自らの中で決意した。






今回は櫛枝と高須の関係性が前回のラストからは考えられない展開に発展。
特に櫛枝がなんか吹っ切れてなんか高須へ前向きになった?
大河と高須もどうなるのよ?という大河ルートと櫛枝ルートの分岐が本格的にはじまった、といえるのかもね。